ランクルの大冒険

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと風来坊の旅、その5、東部〜南部〜西部〜さようなら北海道!

<<   作成日時 : 2014/07/19 12:04   >>

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 10

2014年7月3日〜6日

<知床〜釧路湿原〜襟裳岬など北海道最終編>



道の駅サロマ湖車泊し、朝涼しい内に6時移動です。

快適なR238を走り、

網走、大して行きたい場所無いので通過。


小清水原生花園周辺も道路が花できれいです。
画像


チョットだけ見て、移動。

オシンコシンの滝」が道路横に見え、気になり行きました。
画像


豪快な滝、凄い水量で落ちてます。(画像が変色してて、すみません!)
画像


しぶきが遊歩道までかかって、道が濡れています。

朝早くても観光客多かったです。



再び移動。

知床自然センター着きましたが、

観光地図見てそのまま進み、

知床五湖から先はダート道になり約10キロ位走ります。



知床半島を車乗り入れできる最終場所。

世界遺産の1部、カムイワッカの滝」です。

画像


緩やかな、ただのナメ滝と思い、写真だけ撮ろうと進んだら、

途中から、みなさんズボンを膝まで上げて、

裸足で滝の中を上部方向へ進んでます。

何が見えるの??何にも知らないmiyo。


1人の男性が海パン姿で、笑いながら下りて来てます。
(画像拡大してみて下さい)
画像


聞くと、この滝は温泉の滝で、

上部の滝壺で温まってきたらしい!
 



滝の流れる水触ってみると、あっ!温泉やわ〜!すごく暖か〜い!  
画像


歩くだけで足湯になりますね〜

滝壺はこの画像よりもっと上部です!



後で聞いた話ですが、

この滝の最上部まで行くと、お湯の滝と水の滝が左右に落ちてて、

熱め好きの方はお湯近く滝壺場へ、ぬるめ好きの方は水滝壺場で。。


世界遺産の滝壺で入浴するのが最高だとか!。。




あ〜〜!天然露天風呂〜行きたかったな〜


みなさん、混浴ですので水着の用意お願いします! 



再び戻り、知床五湖入り口で管理者に聞くと、

ヒグマ出るので周遊ガイド着いて3時間コースらしく、

五湖の内1湖しか近くに見えないらしく、今回スルーしました。



この後のコース、根室半島も計画してましたが、

なんか、霧の摩周湖が気になり向かいました。



再び移動。

斜里町まで戻り、R391南へ走りました。

山間部を走り、やはり霧がかかってきました。



着きました。覚悟してましたが、霧でな〜んにも見えません!

画像



霧の摩周湖」とりあえず標識だけでも。。
画像


「霧で写真撮っても、な〜んも映らんやろ〜に〜!」と、こうちゃん。

「せっかく摩周湖来た証拠やし、看板撮っとかないと、ここどこやねん!となるやん!」
と、miyo。

こんな会話してたら、


近くに居た観光の人たちが、手をたたいて大笑いし、

「面白〜い〜!なるほどね〜」と、妙にうけてます。 


え!?なんか面白いこと言ったっけ〜?


あら?!ここで関西弁が受けたんかな 〜きっとね・・!と納得。。。 



ここはこの程度にしまして移動。



山を下るのに霧雨が濃くて前が見えません。

丁度自衛隊の車が前走ってたので助かりました。


道中、マリモで有名阿寒湖ありますが、霧深いし、スルーしました。



近くの硫黄山来ました。
画像


山肌のあっちこっちで硫黄が噴出してます。


凄く強い硫黄の臭いに酔いそうなので、

近くまで進むのやめて写真だけです。


その近くの屈斜路湖です。
画像


湖のすぐ横掘ると熱い温泉が湧きでてきます。驚きです!

大きく掘ると露天風呂できますね〜(笑)




「ほっ」の雑誌に無料温泉券あったので、きたふくろう硫黄温泉無料で入浴しました。

有難うございました!



道の駅「阿寒湖丹頂の里」まで移動し車泊です。
画像


ここは丹頂鶴の生息地です。


7月4日


朝、釧路湿原に向かって移動。


移動中、迷って入った山道も、なんか味あるね〜!
画像


ツルアジサイがきれいです〜♪
画像




釧路湿原達古武湖オートキャンプ場です。

使用料200円払って駐車場に止めた。


画像



釧路自然保護区地域なのでカヌー許可の確認とりました。



管理人さん、「この場所は業務用だけど、今日は奥さん免じて、ここ使ってもいいよ〜」と言ってくれた♪


有難う〜では出廷させていただきま〜す!

こうちゃん、「憧れの釧路湿原カヌーやな〜」と、思いに浸ってます。
画像


水草多くて漕ぎ難いですが、水草傷めないようにゆっくりと。。
画像



「何か黄色いお花見えるよ〜!こうちゃんゆっくり近づいてみて〜!」

と、船頭役のmiyo。

画像



湖のわずか一部のみ自生している貴重水草です。

「 日本固有種、ネムロコウホネ」絶滅危惧種VUのレッドリストです。
画像


まだ咲き初めで今から時期を迎えます。

画像


湿原へ少し進みます。
画像


帰って来ました。
画像


上陸して、ネムロコウホネの報告しましたら、おじさん言うには、

>「水草区域は保護地区で立ち入り禁止だが、まぁ〜行ったもん勝ちだな!」

と、笑いながら言ってくれました。


「ほ〜ネムロコウホネ、もう咲いてたか〜まだ早い時期だけどな!」と。。

「知らなくて入って、それもネムロコウホネ見れて、とてもラッキーだったね〜」と。。
  


許可してくれた二人の管理人さん、有難うございます♪ 

ここで自炊の昼食済ませ、お礼言って、キャンプ場出て移動です。



この後R38の北海道南、北太平洋に沿って走ります


襟裳岬です。。

画像


とっても強風で、まともに歩けません!

画像


景色はバツグンですが、強風で写真ブレブレがちでした〜

画像


♪えり〜もの、はる〜は〜何もない春です〜♪と歌う、こうちゃん

でも、その通り、何もないですね〜!

この先の日高町「温泉付き道の駅みついし」まで移動、車泊。
画像



自宅から3519キロです。


7月5日

今日は、夕張メロンが気になり、夕張まで走ってみました。

R36〜R237〜R274ドライブイン行きました。
画像


なぜか、自衛隊車が大集合してます。

偶然ですが、この場所は「メロン熊」の発祥の場所。
画像


開店を待ってる関東の旅人が二人居ました。

画像


怖いご当地キャラで有名になったメロン熊だそうです。



リクトとユキに、かわいいメロン熊お土産買いました。



夕張メロンですが、緑のシマシマ買っても、3日で皮が黄色になって爆発するよ!

と、店の人に言われ、まだ風来坊するので諦めました。



この先のルートは一旦札幌通過して、小樽へ向かいます。

小樽市内は情緒ある興味そそる町ですが、観光客でとても賑やか!


今まで静かに過ごしてただけあって、ちょっと引きました〜




小樽も通過。積丹半島行こうと思いましたが、

観光バスや車多かったので、コース変更で峠越えしました。

R229日本海を辿り、島牧村の「道の駅よってけ!島牧」車泊。


7月6日


いよいよ終盤、函館港に向かって移動です。


北海道の南、エビのシッポの様な半島を1周すると、再びもう1日必要なので、

ショートカットで黒松地区へ横切り通過し、内浦湾出てR5で函館着きました。


予約している乗船時間がまだ2時間位あるので、函館山行ってみました。
画像


沢山登山者が歩いている中、今回は車で楽チン登頂です。

ここも夜景100選のの場所ですね。
画像


モヤっててきれいに見えませんね。

港に戻り11時20分/AM,乗船。休憩室は満員御礼。

さようなら〜北海道〜!
画像


楽しい旅と思い出、有難う〜ね〜♪ 


自宅から旅距離、4112キロです。


再び本州上陸、青森港着きました。。はやっ!




移動。

青森港から南へ、青森と秋田の県境「温泉付き道の駅やたて」で、温泉入って車泊。



今回、一気に北海道終盤まで行き、長くなりました。

最後までご覧いただいて有難うございます!




すみません!まだ続きあります!


明日は秋田でステキな人と秋田観光です。

     続きもご覧ください!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
霧の摩周湖だから、見えなくても仕方ないですね。
釧路湿原をカヌー、中々経験出来ないのでは、寛容な管理人さんで良かったですね!
メロン熊、何だか怖そうです。🐻 🍈
秋田観光もされていいですね!
みっちゃん
2014/07/20 10:51
温泉の滝!
「何が見えるの?」
そりゃー、見えませんね。
miyoさん、面白い。(^^)
最上部は天然の露天風呂!

霧の摩周湖でも、夫婦漫才?
近くの人達の気持ちが、よく解ります。(^^)
ボクも手を叩いちゃお。

屈斜路湖は、クッシー、居ませんでしたか?(^^)

若い頃ですが、釧路湿原に知り合いの女性が旅行して、トドワラの写真を見せてもらいました。
30年以上前ですけど。(^^ゞ

カヌー出廷で、偶然にネムロコウホネとのご対面ですか!
それも、こんな近くで!
miyoさん達って、良い星の下に生まれたのかもね。
カヌーでなかったら、こんな風には見れませんね。

襟裳岬ってそんなに強風なんですか。
ホンマ。何にもない。(^^)

メロン熊!
北海道って、驚くことばかりや。
で、夕張メロンかアイスは食べはったんですか?

函館山から、夜景、見た事があります。
箱館山じゃないですよ。(^^ゞ

スゴイ充実した北海道編でした。
秋田観光も楽しみです。(^^)
yoppy702
2014/07/20 22:44
沢山の北海道のお土産ありがとうございます
温泉の滝があるんですね
さすがに北海道は、でっかいどう!なんでも有りなんですね
おまけに世界遺産なんですか、一度は入ってみたいですね
いっしい
2014/07/21 21:03
みっちゃんさん、こんばんは〜
そうなんです〜霧の摩周湖、分かってながらも、あ〜霧でみれない〜とみんなつぶやいてました〜(笑)
メロン熊怖いでしょう〜、でも人気あるらしくぬいぐるみ買ってしまいました。孫たち「怖い熊さんね〜」と。。
あと少し旅の報告あります。ご覧くださいませ!
miyo
2014/07/21 21:48
yoppy702さん、こんばんは〜
北海道での漫才楽しんでいただきましたか〜(笑)
なんか、関西弁って普通にしゃべってても漫才に聞こえるらしいですね〜(^^;)
釧路湿原でのカヌーは昔カヌーで有名な人犬乗せて釧路で漕いでたの見て、こうちゃんも憧れで、犬でなくmiyo でした。
襟裳岬いつも風強いようですね。
富良野メロン食べましたが夕張メロン食べるチャンスなかったんです〜
メロンソフトクリームはめちゃ甘すぎですね〜
あと少しの旅話あります。ご覧くださいませ!



miyo
2014/07/21 22:10
いっしいさん、こんばんは〜
北海道は東西南北、行く場所でいろんな風景が楽しめて、
本当に規模もでっかいどう〜!でした(笑)
知床の温泉滝はもう1度行ってみたい場所です。
世界遺産だけあって自然の姿が本州と違う顔で、今度はゆっくりと見学してみたいです。
ヒグマ注意の看板沢山ありましたよ。
あと少しの旅話、お付き合いくださいませ!
miyo
2014/07/21 22:18
温泉=九州って勝手に思い込んどったけど、北海道も温泉が多いんですね、ゆっくり手足を伸ばして温泉に入りたくなったです。。襟裳岬の写真を見てから森進一のしゃがれた歌声が頭の中でリフレインしとるばい。
むっちゃん
2014/07/21 23:18
こんにちは!
いや〜あっ、超ロングドライブですね。幾ら休憩しても観光地だから休憩じゃないですね(@_@;)
知床のヒグマは油断大敵ですよ。羅臼岳で親子に、麓の露天風呂でも遭遇しましたよ(>_<)
ネムロコウホネは上手く逢えましたね。”行ったもん勝ちだな”に思わず吹き出してしまいました(^o^)/
襟裳岬は歌がでましたが、函館からの船は如何でした?
津軽海峡夏景色なんちゃって!北海道を去るのが辛くなかったですか?
山ちゃん
2014/07/22 12:14
むっちゃん、こんばんは〜
北海道も温泉は旅先にどこでもありましたよ〜
茶色い系の温泉が多いですね。
襟裳岬と言えばあの歌が必ず出てきますね〜
本当に、何もない春(夏)です〜♪でしたね(笑)
mio
2014/07/22 21:11
山ちゃんさん、こんばんは〜
いつも有難うございます。
え〜〜ヒグマに2回も遭遇したのですか〜?!
露天風呂で熊出たら逃げるの?お湯に潜るの?
裸ではどうすることもできないですよ〜〜(^^;)
良くご無事で。。。
私達関西人はツキノワグマしか知りませんが、ヒグマは倍の大きさなんですよね〜怖いです〜!
ネムロコウホネは本当に運良かったです。
カヌー出す時何も言われなかったので、湖真ん中漕ぐの面白くないので、湿原に沿って進んでたら発見しました。
白い鳥も遠くですが居て、丹頂鶴?と聞いたら多分違う、丹頂鶴は警戒心強いのでめったに人の前に出てこないらしいです。
まだ行って見たい所多くて、全部行くには少なくとも1か月必要ですね。
名残惜しく北海道去って来ました〜
miyo
2014/07/22 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと風来坊の旅、その5、東部〜南部〜西部〜さようなら北海道! ランクルの大冒険/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる