手作りアルコールストーブ(コンロ)

2010年11月12日(ポカポカ秋晴れ)
画像

早めに仕事が済み昼前に時間空いた。
今日は風も無くポカポカ天気。

最近こうちゃんの手作りコンロがグレードアップした。
これを試したくてお昼を外で食べよう!と出掛けた。

行き先はおなじみ、三田市の青野ダム公園です。


スープやコーヒー飲むのにお湯を沸かすコンログッツは色々と持ってますが、
最近こうちゃんがこだわって使っているアルコールストーブ(コンロ)です!

何にこだわるか?と言うと、
まず、軽くてコンパクト!機材にお金がほとんど掛からない!
バーナーの音が静か!燃料費が安い!
野外で風あっても大丈夫!機材の故障が無い!などなど・・・

これ聞くと「そんな優れものあるのか?!」と思いませんか

材料はこれです!
画像

材料は、350mlのビールの空き缶の底部分、高さ5cm位にカットします。
同じ物を2個用意して、筒状になる様上手に合わせるのがコツがいります。
画像

重ねたらアイスピック等で穴を開けます。
色んな穴の大きさや数、缶の高さ(5cm~3cm)変えて、10個作りました。
これは、鍋の大きさや水の量合わせて選べる様にしてます。

次に鍋を乗せる「ゴトク」が、こうちゃんが昼寝しながら一番考えたそうです
私の仕事で使うへの字の押え金物を、缶のサイズに乗るよう合わせて
2枚を十字に組みます。
(これは大工現場でヒントもらった!)
画像

足場が悪い場所用に、自由に角度調整できる蝶ネジ付き足の
「新ゴトク」が最近の新製品で登場

こう成ります!
画像


しかし、風吹いたら火力が落ちるので、
またまた100きんで「500円貯金箱」利用して風防作りました!
画像


そしてこう成ります!
画像



コンロの受け皿はジャムのフタです。
着火は受け皿にもアルコール少し入れて、外から燃える熱の力で中に火がつきます。
燃えるもの無いか!周辺の気配りが十分必要です。

アルコール約60mℓ程度で800mℓのお湯が沸きます。

燃料用アルコールは薬局に売ってます。
適当な持ち運びに便利な容器に移してリュックに入れてます。
コンロ材はすべて給食袋サイズに収まり、荷物にならないのが便利でしょ!
着火にライターかチャッカマンが必要!これも100きんで用意です。
(コワザには100きんが便利ですね~)

興味ありましたら作ってみて下さい!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ジャニーズママ
2010年11月19日 23:27
こんばんは!楠です
門野家はたのしそうですね!アルコールストーブは力作ですよね。次の更新楽しみにしています。
                       章子
岡山作陽
2010年11月20日 22:19
凄い物、考えましたね!発明家になれますよ。僕は最近、銭湯に行く時間は遅いですね。次の更新楽しみにしています。        楠 薫
            




さんぽ
2010年11月21日 00:04
こんど、みんなで、あったかいコヒーでもすすりながら焚き火しましょう
2010年11月27日 17:58
アルコールストーブの穴の形や大きさを試したくて、
ビール飲むたび作っている暇なこうちゃんですが、
気がつくと15個位なってますよ
薫君良かったらあげますよ~

この記事へのトラックバック