貴船神社の本場秋明菊

2012年9月28日(秋晴れ)

秋明菊(シュウメイギク)で~す。
画像


秋明菊は貴船菊と呼ばれています。




先日、ブログの方がら「秋明菊」の報告ありました。

私は今まで知らなかった花ですが、

調べてみますと秋明菊又の名を貴船菊と有ると、

貴船とは?あの京都貴船神社なのよね!・・・


それから気になり、花が散らない内見たくて・・・

秋明菊の本家本元是非見に行こう~! 




自宅から地道で川西~京都園部~京北~貴船と片道約115キロコース。

しかし貴船への道は今回初めて走る道。

途中からランクル1台位の山道で、ピンカーブ多しの道でした。

平日でしたので車の出会いは少なかったのですが、

出会ったら車土手乗り上げて・・・など考えながら・・・

狭い道スリルの北山杉並木ドライブには面白かったのですが、

安全第一の皆様、土日祝日はこの道は余りお勧めできませんね。。

R477辿り鞍馬の道か、京都市内からは安全です。


貴船神社奥宮に駐車しました。(500円)
画像


駐車場の若いお兄さんに貴船菊情報聞くと「僕その花初耳です!」と言う。


御神木が並ぶ道
画像


根っこは1つ相性の杉(夫婦杉)、樹齢千年です。
画像


道路に出て、料理旅館が並ぶ道ですが、道狭く混雑気味。

それぞれ店の石垣に秋明菊が並びます。
画像


画像


画像


画像


しかし、本家本元の「貴船菊」が無いのです。

旅館の女将さんさんに聞くと、まだ蕾らしい。

沢山自生している貴船神社まで行きました。
画像


画像


「貴船神社」全国450社の総本社です。
画像


水の神、縁結びの神、絵馬の発祥地です。

神木、大桂の木
画像


で!貴船菊見つけますがまだ蕾ですぅ~
画像


画像


まだ1週間早かったな~と諦めて、旅館道花撮りながら歩いてた。



大変ボケててゴメンナサイ! この花は??と思ってましたら、

シロバナホヤマジノトトギス」のようです。紫の斑点が無い白花初めて見ました。
画像



またまた”ひろやの女将さん”と、「蕾で残念だったね~」と会話。

その会話聞いて、”ひろやのご主人”が「僕についておいでやす~」と、

観光客多い忙しい中、なぜか私1人をすぐ近く個人宅に案内してくれました。

「今留守だと思うけど、勝手に庭入っていいから!」と。



お言葉に甘えて石段のぼり、古い古い家のお庭に入りました。


なんと、貴重な貴船菊が無造作に家の周りに沢山!
画像


雑草と共に沢山自生してます。

わぁ~これがまさしく自生地ね~~!
画像


おじゃましま~す!どなたか居ますか~?

画像


こんにちは~!誰も居ませんね~


画像


本当に綺麗ですね~

画像


この花種は、ここ貴船周辺しか自生していないそうです。

年々数が減って、今年は猛暑で花が悪いようです。


長居は失礼ですので、玄関に向かって挨拶しました。

綺麗なお花、どうも有難うございました! と、


ひろやのご主人有難う~!

貴船菊、諦めなくて良かったな~!

女将さんがいい方で、「ついでにこのお花も見ていって!」と、

旅館ホールに飾ってあった花です。

花は終盤ですが、1週間前は向かいの塀に沢山咲いてたようです。

クレマチス??
画像


あ~!感じいい女将さんの写真撮っとけば良かったのにな~



夏季限定「川床」が貴船川に沢山有りました。

画像


画像


川床が最後ともあって、

貴船駅から大勢の若い人や観光バスが入ってます。

京都風情の景色と料理も人気のようです。


駐車場のお兄さんに、貴船菊見せて、「貴重なお花よ!」と教えると

「大変勉強になりました~今からお客さんに教えます~!」と。。。


貴船の人情に触れた、嬉しい一日でした~



帰りは日吉温泉入浴して帰路。



「貴船神社の秋明菊」の詳しいサイトあります。
7分位YOU TUBE貴船の魅力が知れます。時間有ったご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=UjYv6KN-d5o

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 39

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2012年09月29日 19:59
秋明菊、とても珍しく可愛い花ですね。
神社のご神木”大桂の木”や樹齢千年の”夫婦杉”などパワースポットみたいなところも沢山あるようですね。
2012年09月29日 21:10
木船菊と言うのがあるんですね
大変貴重なお花なんですね
咲いてる花が見られて良かったですね、日ごろの行いが良いので、素敵な女将さんと出会えたのだと思いますよ~
???のお花は、ホトトギスに似ていますね
2012年09月29日 21:50
気ままさん、こんばんは。
貴船は京都大原の北の位置で、鞍馬と並んで貴船があります。心の癒しを求め若い人達や、京料理愛好の観光スポットの場所です。
気ままさん、転職の合間に京都リラックスに一度訪れて見て下さいませ。
2012年09月29日 22:04
いっしいさん、こんばんは~!
秋明菊はいくつか種類あって、最近改良花が園芸店にあるそうですが、八重咲の秋明菊はこの貴船菊だけです。
貴船地区も自生が激減しているようです。
お花をじ~っと眺めていたら優しい女将さんが話しかけてくれました。お花が答えてくれたのですね。♪
??やはり「シロバナホトトギス」ですね!シロバナ初めてでしたので自信が無くて更新後も調べてました。
いつも有難うございます~!

2012年09月29日 23:45
こんばんは
「貴船菊」見られてよかったですね。
色合いといい雰囲気といい
京都らしいお花ですね。
花の見頃には早かったようですが
結果から言えばグッドタイミング
だったのですね。
貴船菊が導いてくれたのでしょうね。それが
女将さんにもご主人にも通じたのでしょう。
夫婦千年杉も大桂の木もmiyoさんを
待っていたのかもしれません。
miyoさんの人徳ですね。
2012年09月30日 06:54
おはようございます。
「貴船菊」素晴らしいですね、気品があって尚艶やか。
見たことがありませんでした、初めて知りました。
昔、大津や近江八幡に住んでいた時、幾度か貴船にも出かけましたが、どうも季節が合わなかったようです・・・名前も知りませんでしたが。
おかみさんやご主人に気に入られて様ですね!。
2012年09月30日 10:36
鞍馬・貴船は、何故か心落ち着く場所ですね。何度か行ったことはありますが、貴船菊のことは全く知りませんでした。珍しい原種を見ることができたのですネ。miyoさんの想いが伝わったのですネ。すてき
秋明菊、先週近くの公園に行ったとき、蕾がいっぱい見られました。そろそろ咲いているかな~。台風が近づいているので、近くとはいえ、今日は見に行くのやめとこ~かな。。
2012年09月30日 16:52
3年前 
シュウメイギクが咲来始める頃 髙校のクラス会を貴船でやったことがあります。
自然のクラーに癒されながら川床料理をたべ昔話に花咲かせましたです。
その時シュウメイギクを貴船菊と呼ぶのだと 女性の友が教えてくれました。

京都の奥座敷 貴船 いいところです。
2012年09月30日 19:04
つい先日、秋明菊が咲いとったという話しをしとるオバサンが居たから、どげな菊ね?って質問したら、「デカイコスモスのごたぁ花たい」って言われたばっかりです、なるほど綺麗な花やなぁ。。一人だけ花の咲く家に連れて行ってもらえるとは・・・美人は得するねぇ。
2012年09月30日 19:49
こんばんは
小さい頃から好きな花の一つで、実家の庭にたくさん咲いていた事を思い出しています。
遠出をしてその地で出会った温かな人と心には感謝ですね!
2012年09月30日 22:02
WEST さん、こんばんは~
お昼から台風雨風凄かったね~
秋明菊最近公園などに植えられているようですね。
八重咲の秋明菊はさすがに見かけるの難しいようです。
貴船も少なくなってます。長く自生して欲しいですね。
2012年09月30日 22:08
shuuterさん、こんばんは。
川床料理、結構お値段高くてちょっとお食事とは行きませんでした~!
夏は涼しく癒されて自然もご馳走ですね。
本当は八重咲を「貴船菊」と呼んでるようですね。
2012年09月30日 22:30
むっちゃん、こんばんは~
秋明菊は貴船菊から改良されて、言われるように大きいコスモスの用ですが、咲き方が面白いですね。
京都は人柄もゆったりで、私のトロイ話に口調が合ったのかもしれません。(笑)
なぜ案内までしてくれるのか?その時はお花見たさに考える余地なしでしたが、きっと幸運だったのですね~~!
お陰さまで本家本元のお花拝見いたしました。
ウフ。。美人と思ってくださいまして~むっちゃんどうも有難う♪♪♪想像だけでもうれしい~~~デス
2012年09月30日 22:44
リッキーさん、こんばんは~
秋明菊は菊でも「きんぽうげ科」になるようですね。
アネモネに近いとか。。
咲き方が特徴あって面白いお花ですね。
色種類も多いようですが、八重咲の秋明菊は見かけるの難しいようです。
お名前の由来地で見れる花は一段と美しく感じました。
貴船神社の北の貴船山にも自生してたようですが、盗掘などで今はほとんど姿なくなりました。
現在は神社周りのみの自生となりました。悲しいです。
2012年10月01日 01:00
miyoさん ナイス
 一人で お留守のお宅に・・・・・でも 案内されてだから 大丈夫でしょうけど 結構 ハラハラドキドキ????? 可愛いお花ですね~。京都も良いな~。ちーちゃんを 連れて行ってあげたいですね~。「川床」 感動して 泣いちゃうかも
2012年10月01日 22:17
トータファクトリー さん、こんばんは~
お留守宅お邪魔するの気が引けたのですが、旅館のご主人が家まで案内してくれて、また、道路からお庭が見えるので行きました。有り難い好意でした。
京都はええとこどすぇ~是非おいでやすぅ~!
2012年10月01日 22:36
こんばんは。
白い秋明菊は良く見かけますが貴船菊、とても綺麗で初めて知りました。
貴船神社のあたりもゆっくりと歩いてみたいです。
昔、大原は行ったことがありますが、まだ奥の方でしょうか?
人とは話してみるものですね、咲いている花を見ることが出来て私も嬉しいです!!
大きな車で細い道は大変ですが、私も7人乗りで少し大きいので狭い道で対向車が来たらどうしょうとヒヤヒヤすることがあります。
サイトも拝見しました。
川床で食事をしてみたいものですが無理でしょうね。
2012年10月02日 13:22
みっちゃんさん、こんにちは~
京都大原から近いですよ。少し市内に戻り北の場所です。
私は逆の京北から行きましたので凄い山道でした。
川床は夏季限定なので最終日でしたが、来シーズン西宮お越しの際行ってみてくださいませ。女性客多いですよ。
2012年10月02日 18:56
秋明菊の本家本元は貴船でしたか!!
貴船の川床は有名ですね!こんな田舎者の私でも存じ上げておりますから(笑)楽しそう♪

そろそろ拙宅の裏庭にも秋明菊咲いている頃ですが、毎日職場と家の往復で、休日は息子の部活当番、すっかり義母にお任せしているので・・・ダメですねぇ(^_^;)

お陰様でチャリティ写真展(秋田会場)終了しました。miyoさんより募金のお申し出を頂き、メンバー一同感激しております。後ほど、メールを送らせて頂きますね。ありがとうございます。
2012年10月02日 20:56
アリーヌさん、こんばんは~!
写真展無事終了されたのですね。お疲れの所コメント恐縮です。
ご自宅の綺麗に咲いた秋明菊見て、時には癒されてくださいね!
京都は癒しの場所多いので、関西出張の際は夏限定なんですが、是非貴船の「川床料理」お越しくださいませ!
美しい写真楽しみにしてます~♪
2012年10月03日 23:50
これが貴船神社ですか!
総本山ですから参拝客でにぎわうでしょうね
そして夏は川床料理で涼を楽しむ
一度は行って見たいです。
2012年10月04日 21:36
清兵衛さん、こんばんは
京都奥座敷の川床は、なぜか女性に人気が高く、
私が行った時、20代の女性が多く見られました。
多分縁の神様とか、ヘルシー京料理とか、、、
風景にも癒されるのが人気なのでしょうね。
清兵衛さん、奥様とどうぞ一度お越しくださいませ!



2012年10月06日 05:17
貴船の秋明菊も川床料理も知りませんでした。
10月中旬~下旬に京都を経由して群馬県ま
で行きます。その際に見学したいと思います。
この記事を観て 幸いでしたぁ ♪
土佐郡の川上村で絶滅種のナンバンキセルを
観せていただきましたので、記事にアップ
します。
今から取掛れば朝から見れるかなぁ・・・。
2012年10月07日 09:43
徳さん、おはようございます。
四国のボランティアご苦労様でした~
帰宅後も再び活動の旅予定とは、
大変タフなお体なのですね~!
腰痛は大丈夫でしょうか?
いつもぼっ~としてる私見習無ければ。。。

ナンバンギゼル沢山自生して、オオナンバンも有りましたね。そのまま沢山残って欲しいですね。
23
2012年10月11日 00:25
先日アリーヌさんと一緒に復興写真展を行った23と申します^^
募金していただいたとの事で、恐縮しております^^
ありがとうございました^^
2012年10月16日 23:21
23さん、こんばんは。
ご丁寧にこちらこそ有難うございます。
23さんの写真も見せて頂きました。
力強いメッセージが響く素敵な写真で感動しました。
今後のご活躍を期待しております。

この記事へのトラックバック